インドアゴルフ施設

スクール施設または無人営業システム
収支シミュレーション

24h個室貸切無人インドアゴルフ施設
1打席設置の場合

1set

【前提条件】

  • 施設内装 簡素
  • 受付スタッフなし、清掃スタッフ週1 約1時間(外注)
  • 店舗賃料 20万円/月
  • 導入シミュレータ: GOLFZON ラウンド機VISION 1台
  • 施工可能面積:13坪~(43㎡)
  • 初期内装&看板費等 800万円
    (家賃頭金は含めず)
  • GOLFZON GDR導入費 380万円
  • 無人営業システム&セキュリティ導入・運用費
    購入の場合150万円、akerun装置の場合月々1万円
    ※開きドアか自動ドアかによって金額異なります

【考察】1打席オーナー

メリット

  • GOLFZON装置導入費用は1台分の為、負担が少ない。
  • 大きな利益はでないが、オーナーの負担はかぎりなく少なく継続的かつ安定的に経営可。
  • 無人営業システム導入により、オーナー店舗不在でも、会員様が自由に施設利用するため、基本的に時間に拘束されない。

デメリット

  • 1打席しかないため、会員が増えてくると込み合う時間帯がバッティングし不満が出るが対処のしようがない=会員数上限を低く抑える必要あり、でないと退会者続出する
  • 家賃代や施工費などが、複数打席と比べ、どうしても割高となる

1打席設置 イメージ図

1打席設置イメージ図

24h個室貸切無人インドアゴルフ施設
2打席設置の場合

2set

【前提条件】

  • 施設内装 ふつう
  • 受付スタッフなし、清掃スタッフ週1 約1.5時間(外注)
  • 店舗賃料 40万円/月
  • 導入シミュレータ: GOLFZON
    ラウンド機VISION 1台
    練習機GDR 1台
    合計2台
  • 施工可能面積:25坪~(82㎡)
  • 初期内装&看板費等 1400万円
    (家賃頭金は含めず)
  • GOLFZON
    VISION導入費 380万円
    GDR導入費 320万円
  • 無人営業システム&予約システム&セキュリティ
    akerun+hakomono+セコム 月々合計10万円前後
    ※自動ドアの場合は約+2万円

【考察】2打席オーナー

メリット

  • GOLFZONが誇る2種類両方の機種(ラウンド機&練習機)を設置することでほぼユーザー欲求を満たすことが可能となる
  • 予約が集中する時間帯でも、2打席あることにより多少ピークを緩和させることができる
  • 1打席と比べ、施工費用や家賃代などを坪単価にて抑えることができる。=利回り向上
  • 無人営業システム導入により、オーナー店舗不在でも、会員様が自由に施設利用するため、基本的に時間に拘束されない。

デメリット

  • 1打席と比べ、総投資金額が上がる
  • ストックビジネスのため、会員が集まらないと月次収支悪化が続く=運転資金や広告宣伝費にかける資金にある程度余裕がないと厳しい

2打席設置 イメージ図

2打席設置イメージ図

24h個室貸切無人インドアゴルフ施設
3打席設置の場合

1set

【前提条件】

  • 施設内装 ふつう
  • 受付スタッフなし、清掃スタッフ週1 約2時間(外注)
  • 店舗賃料 55万円/月
  • 導入シミュレータ: GOLFZON
    ラウンド機VISION 1台
    練習機GDR 2台
    合計3台
  • 施工可能面積:45坪~(150㎡)
  • 初期内装&看板費等 1,700万円
    (家賃頭金は含めず)
  • GOLFZON VISION導入費 380万円
    GDR導入費 320万円 × 2台
  • 無人営業システム&予約システム&セキュリティ
    akerun+hakomono+セコム 月々合計10万円前後
    ※自動ドアの場合は約+2万円

【考察】3打席オーナー

メリット

  • GOLFZONが誇る2種類両方の機種(ラウンド機&練習機)を設置することでほぼユーザー欲求を満たすことが可能となる
  • 予約が集中する時間帯でも、3打席あることによりピークを緩和させることができるため、近隣競合他社と比べかなり優位に運営できる
  • 1~2打席と比べ、施工費用や家賃代などを坪単価にてかなりコストを抑えることができる。=利回り向上
  • 無人営業システム導入により、オーナー店舗不在でも、会員様が自由に施設利用するため、基本的に時間に拘束されない。

デメリット

  • 1~2打席と比べ、総投資金額が上がる
  • ストックビジネスのため、会員が集まらないと月次収支にて大幅な赤字が続く=運転資金や広告宣伝費にかける資金にまとまった準備資金がないと厳しい
    個人レベルではほぼ不可能、インドアゴルフ事業に本格的に取り組む法人事業者向け

3打席設置 イメージ図

3打席設置イメージ図

24h個室貸切無人+スクール運営
6打席設置の場合

1set

【前提条件】

  • 設備内装 ふつう
  • 受付スタッフなし、清掃スタッフ週1 約3時間(外注)
    ※定期的な掃除タイムを設ける必要あり(会員様利用不可時間)
  • 店舗賃料 80万円/月
  • 導入シミュレータ: GOLFZON
    ラウンド機VISION 2台(個室ブース)
    練習機GDR 4台(スクリーン連結ドライビングレンジ)
    合計6台
  • 施工可能面積:90坪~(300㎡)
  • 初期内装&看板費等 2,800万円
    (家賃頭金は含めず)
  • GOLFZON
    VISION導入費 350万円 × 2台
    GDR導入費 300万円 × 4台
    合計 8台 1900万円
  • 無人営業システム&予約システム&セキュリティ
    akerun+hakomono+セコム 月々合計15万円前後
    ※自動ドアを前提としている

【考察】6打席 24h無人+スクール

メリット

  • GOLFZONが誇る2種類両方の機種(ラウンド機&練習機)を設置することでほぼユーザー欲求を満たすことが可能となる
  • 予約が集中する時間帯でも、6打席あることによりピークでも込み合わず、近隣競合他社と比べ圧倒的競争優位
  • 1~3打席と比べ、施工費用や家賃代などを坪単価にて圧倒的にコストを抑えることができる。=利回り向上
  • 無人営業システム導入により、オーナー店舗不在でも、会員様が自由に施設利用するため、基本的に時間に拘束されない。
  • スクールとのハイブリッド型により、地域ゴルファーのニーズをほぼ満たすことが可能となり、付加価値が非常に高い店舗となる(ゴルフは謎が多いので、自学自習だけでは限界があるゴルフ界のお医者さんの立場であるレッスンプロがいることでユーザー欲求をしっかり満たすことが出来る)

デメリット

  • 1~3打席と比べ、総投資金額が非常に上がる
  • スクール運営は非常でデリケートな事業なので、難易度高い
    質が高く接客に長けたレッスンプロを確保必要、さらにその方が独立などされず長年在籍してくれるかが重要(上手くいった時こそ独立されてしまう)コーチが変わると退会者が続出するので、人的苦しみが絶えない
  • ストックビジネスのため、会員が集まらないと月次収支にて大幅な赤字が続く=運転資金や広告宣伝費にかける資金にまとまった準備資金がないと厳しい
    運転費用も考えると、元手資金8000万円程度必要
    インドアゴルフ事業に本格的に取り組む法人事業者向けプランとなる

6打席設置 イメージ図

6打席設置イメージ図

ゴルフシミュレーター及び
無人営業システム導入の流れ

STEP
1
お問い合わせ
システム説明、設置事例紹介など、こちらの『お問合せページ』からお気軽にご連絡下さい。
まずはお電話「080-3579-6491」まで、メールなら24時間いつでも大丈夫です。(メールアドレス biz@aravagolf.com)
こちらから折り返しご連絡いたします。
STEP
2
商品説明
ご来社いただけるお客様には、ゴルフシミュレーターで実際にプレイして頂きながら、精度の確認やシステム説明、市場環境などビジネスに関する相談など対応しております。お電話または、ZOOM等オンラインミーティングにて詳細を説明させて頂きます。
STEP
3
現地調査
物件立地、室内図面などにて、弊社スタッフと施工業者がマーケティングリサーチや設置スペースに問題がないかなど確認させて頂きます。(図面にて調査検討⇒ZOOM⇒現地視察)
STEP
4
御見積り〜ご契約
現地調査の結果を踏まえてゴルフシミュレーター及び、無人営業システム導入にかかる御見積りを提出いたします。
見積もり内容に問題がございませんでしたら、詳細をお打合せの上、ご契約させていただきます。
具体的な検討に進まれる段階にて、守秘義務契約を取り交わせて頂き、安心して検討を進めてさせていただいております。
ご契約後、3カ年収支P/Lや詳細見積もりなど弊社ノウハウをご提供ビジネスを成功に導きます。
※資金調達や法人設立方法など、クライアント様の状況やニーズに応じて経営コンサルティングプランや純投資プランもご用意しております。
※GOLFZONグループとして、国内ではGOLFZONジャパン・九州・北海道・大阪エリア等の代理店同士での合い見積もりは禁止されております。
(見積もり金額は同じとなります、GOLFZON同士で無駄な手間を省くため)
一度弊社から見積もりを出すと弊社としか取引できなくなりますので予めご理解下さい。
STEP
5
設置工事
お客様と日程を調整の上、システム施工及び、シミュレーター設備の施工を開始致します。施工が完了し、シミュレーターの設置が完了しましたら、商品の取り扱いや注意事項などについて説明をさせていただき、テストプレイ後に問題が発生しなければ納品とさせていただきます。
STEP
6
運用アドバイス及び保守メンテナンス
収益面での相談は、運用開始後もサポートいたします。
また、契約いただいた内容に合わせて、機器の保守・メンテナンスを実施いたします。
トップに戻る